BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レッスン記

久しぶりのレッスン記

「前回のレッスンの時、父が向こうで聞いていて『バッハ、うまいじゃん。きれいに弾けてるな。』ていってましたよ。」って。
すっかり気分をよくしてのレッスン開始だったが・・・

(1)コルトー、ハノンを中心としたアルペジオおよび音階のドリル
アルペジオは少しずつ形が見えてきたとのこと。でも先は長いと。

(2)ミクロコスモス97番
きれい、きれい!と久しぶりに大きな花丸をいただく。(ただし右手のメロディーのフレーズの終わりの処理の仕方にダメだし。)
次は、と言われ、恐る恐るシンフォニアの2番か5番と言ってみたが、「あ、きれいでいい曲ですよね」と言うばかりで取り上げていただける雰囲気まったくなし。またミクロコスモスをごそごそ本棚から出してきて、「じゃこれにしましょう」って決まったのが、138番。

(3)平均律ホ長調プレリュード
牧歌的な感じが出て素晴らしいと。
しかしながら気になるポイントが3か所。うち2か所はさらえば何とかなる。もう1か所の細かい動きはすぐ改善するものではない。「気長に取組ましょう」だって。

(4)悲愴 3楽章
最初の40小節だけで、早5ヶ月。しかもうまくなっている感じがしない。アルペジオは、「ようやく気配が見えてきた」と言ってくださるが、自分でできている感じがまったくない。特定の3小節だけ、なぜか左手一拍めを強く突いてしまう。強く突こうとしているわけでもないし、これを意識すると腑抜けになるし。もう本当にいらいらする。ソナチネレベルとたかをくくったのがいけない、というよりそもそもソナチネレベルのテクニックも持ち合わせていなかったということ。

再来週にオフ会があるのだが、それに師匠とお母様がいらっしゃりたいと。「いえ、発表会じゃないんです。弾きたい人だけが集まってカラオケ方式で弾きあうだけなので。」と丁重にお断り。

PageTop

平均律第一巻 9番 ホ長調 プレリュード

平均律第一巻 9番 ホ長調 プレリュードを本宅サイトにアップしました。

こちら

これまた延々とアルペジオの練習・・・

PageTop

ミクロコスモス97番

ミクロコスモス97番(Notturno)を本宅サイトにアップしました。

こちら

アルペジオ、ドリル・シリーズ。
もう頭おかしくなりそう。

PageTop

ミクロコスモス85番

ミクロコスモス85番(Broken Chords)を本宅サイトにアップしました。

こちら

アルペジオ・・・難しい。もう考えすぎて指が動かない。

PageTop

ミクロコスモス79番

ミクロコスモス79番(JSBへのオマージュ)を本宅サイトにアップしました。

こちら

音源取込みソフトと機材がついにお陀仏。手痛い出費。

PageTop
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。