BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

海外出張(マドリッド)

マドリッド出張に行ってまいりました。
海外出張はいつもぎりぎりの時間帯で行ってくるので、あまりプライベートな時間は作れないのですが、今回は特に時間がとれず。(泣)

まず、ピアノは?

現地でその手のスタジオなんてものはないそうです。
マスタークラスってのがあるけど?と言われ、行ける訳ないじゃん。
習いに行くわけじゃなし。(時間帯も、予算も全くあわず)

で、オペラとかコンサートは?
ちょうど滞在期間中は何もなし。

ということで仕事一筋の出張でした。

いつもながら、
・朝8:30~18:30まで会議
だけならともかく、

・その後はみんなでお食事
というパターンで、深夜まで拘束。(ピアノとかコンサートとか取れたとしても行けなかったわけです)

お食事は、何と二晩続けて、ほとんど同じ内容のスペイン料理のフルコースが出て、さすがに二日めにはげんなり。

おいしかったけど、基本的に

・肉ばっか(野菜ほとんどなし)
・量がはんぱじゃない
・8時から始まって終わるのが11から12時の間
・デザートも巨大なのなんのって、ひたすら甘い

そんなこんなの状態で、最後の夜だけは開放され、ようやくプライベートな時間ができたので、よさげなレストランを探し、行ってきました。

メニューは

1.イベリコ豚の生ハム
2.卵とにんにくのスープ
3.アサリのトマトソース煮込み
4.子豚の丸焼き

1は甘いこと甘いこと、こってりした食感なのですが、そのさわやかな甘さのためにいくらでも食べられる。

2は、本当は今頃の季節はまだ暑いのでどちらかといえばガスパチョがいいのですが、あえて注文。想像していたような強烈な味ではなく、これまたさわやかなにんにくの甘みが生かされた幸せな逸品。味付けはいたってシンプル。でもおいしい!ということはやっぱり食材自体の味がよいってことでしょうね。

3も、アサリの身がおいしいの何のって。最初から赤ワインで飛ばしまくっていて、アサリが赤ワインにあうのかどうか気になったのですが、スパイスが効いて濃厚なソースがグッド。ちょっとしょっぱかったけど、それでもおいしい。

で、最後に出てきたかわいそうな4の子豚ちゃん。皮はカリカリに焼き上げられ、なかはほどよい脂身とあっさりした味のバランスが絶妙でした。しかぁし、子豚を半分まで食べたところで、もう食えねぇ。おなか一杯。でももったいないからカリカリの皮の部分だけ全部こそぐようにして食べて、後はダラダラとワインを飲み続ける。ふと思い出して、残した子豚を食べてみると・・・何と、皮をはがされたためか、温度が冷えたためか、ものすごく硬くなっていてびっくりした。すじばった鶏肉みたいだった。

全部おいしかったけど、一つとれと言われれば、意外性で2でしょうかね。

で、これが食べかけの生ハムと子豚ちゃんです。

080926
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。