BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Beethoven Op.14 No.1 I Allegro

ベートーヴェンのピアノソナタ9番 Op.14 No.1の第一楽章(Allegro)を本宅サイトにアップしました。

この曲に対しては、何て言うか、今まで取り組んできた曲の中で一番理詰めに考えて考えて・・・考えて取り組みました。いくら考えて取り組んだしても、それがどれだけ実現できたかは別問題なのですが。

着手するまではあまり気乗りしない部類の曲だと思っていたのに、弾き始めたらベートーヴェンらしい和音、デュナーミク、どれをとってもはまってしまいました。

どこが好きか
・和音の推移(でも指がばらばらだぁ)
・効果的な回音の配置(音が抜けまくる)
・バスのビートの効いた八分音符の連打(音の粒がそろわない)
・・・テーマのメロディそのものは何ていうことはないのですが、あげだしたらきりがないです。

しかもこの曲、ピアノによって響き方が全然違うというのも驚きの発見でした。
取り組んでちょうど7週間、まだ伴奏が、丁寧に弾こうと思うあまりに重くなったり、相変わらず左手がへたくそだったりですが、今の実力ではこんなものでしょうかねぇ。

後、気付いた課題としてはやはりペダル。
うちのデジピではこれが練習にならず。もう少しましなデジピに買い換えようか・・・
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こーじさん

こんにちは。
ベーソナ9番、聴いていただいてありがとうございます。

再開したピアノレッスン僕も見ていますが、ピリスの言っていること禅問答みたいで僕にはよくわかりません。本当難しいですね、ピアノ演奏ってのは。

音に光を!って言われてもどうしてよいのか。
暗闇のような音になっちゃうことはよくありますが(笑)

アップした演奏はちょっとテンポが重く感じられるので時間があれば再録するかもしれません。

プランタン | URL | 2008年09月15日(Mon)08:44 [EDIT]


素晴らしい!

 プランタンさん、こんばんは^^

 べーソナ拝聴しました~。
もう、素敵。これに尽きます。
昨晩、ピリスのスーパーピアノレッスンの録画を見て、
美しい演奏『+α』の重要性を身に沁みて感じたのですが、
プランタンさんの演奏には、その『+α』が満ち満ちてるw
一度拝聴したら、またリピートしたくなる演奏なんです。

 僕もこういう演奏したいな~v-238

こーじ | URL | 2008年09月14日(Sun)22:43 [EDIT]


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。