BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レッスン記(8/25)

1.ハノン 53番 オクターブの音階 C Dur, a moll

レッスンスタジオのピアノ、だいたい弾きにくいと感じることが多いのですが、なぜか昔からオクターブだけ楽に弾ける。ひょっとして幅が狭い?まさか。でも今度定規でちゃんと測ろうかな。それから下に押した時に底が浅いような気もする。こそこそ測っているところを先生に見られたら気まずいだろうな。
ピアノの所為にするなってつっこみが目に見える。
次回はF Durへ。

2.平均律第一巻 21番 B-Dur プレリュード
結局今日で4回目のレッスン。2週間で終わらすつもりが、とほほ。皮算用はよくないってことですよ、結局。


まず通して弾く。

「もう一回弾いてみて」

もう一回、弾く。

「何小節目をゆっくり弾いて」

指定されたところを弾く。

「はい、次は何小節目」

これも指定されたところを弾く。

「は~い、OKです。」

へ?おっおい、(OKはうれしいのだが、)もうちょっと、どうOKなのか、こんなに予定よりも長くひっぱってくれちゃって、どういうことだったのか、も少しコメントしてくださいよ、先生。
物凄い後髪ひかれ感が・・・


3.ベートーヴェン ピアノソナタ 9番 第一楽章
今回で、三回目のレッスン。

再現部の6小節目までやってきた。

ようやく、提示部が楽しく弾けるようになってきた。
ほほう、お前つきあいづらいと思ってたら、良い奴じゃんか。
結構しゃれてるし、気が利くよな、ルードヴィヒ!なんてな。
(ごめんなさい、ごめんなさい)

ところが、しかぁし!展開部の左手、5421と速いアルパジオの伴奏のところで、4が全く音が出ない。何度やっても音が出ない。音が凸凹という問題ではなく、本当に音が出ない。(くどい?)

先生も呆れて、じゃぁ5321でやってください。ということで、これは仕切り直し。

はぁ~、むずかしい。完成できる気がしない。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。