BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

CDに保存

データバックアップのために直近一年くらいの演奏データをCDに焼いた。

1.「夢」 ドビュッシー

「子供の領分」 ドビュッシー から
2.グラドゥスアドパルナッスム博士
3.雪が踊っている
4.ゴリウォーグのケークウォーク

「ベルガマスク組曲」 ドビュッシー から
5.プレリュード
6.月の光

7.「亡き王女のためのパヴァーヌ」 ラヴェル

「スペイン組曲」 アルベニス から
8.アストゥリアス(伝説)

「交響曲第五番」 マーラー から
9.「第四楽章 アダージェット」

10.「ピアノソナタ ホ長調 K380」 スカルラッティ
11.「ピアノソナタ ロ短調 K27」 スカルラッティ
12.「ピアノソナタ ホ長調 K380 チェンバロ・バージョン」 スカルラッティ

全12曲で59分。
いつもだと、バックアップとったらさっさと本棚の奥にしまいこむのだが、リビングルームに持っていっておやつタイムに流し聴きしてみた。

ダメだヘタだ失敗した、と思っていても後から聴くと結構いい感じだったりすることありますよねってピアノ仲間で話題になるが・・・駄目なものはどう転んでも駄目(笑)。

ソナチネとか、アンナマグダレーナとか、バックアップCDは7~8枚くらいあるのだが、「曲」自体はどんどん難しくなってきているけれども、「演奏」は相変わらずの力み・走り・こけまくりの爆笑もの。

クラシック聴いたことないけど興味あるとかねがね言っていた友人が4月に誕生日が来るはずなので、誰の演奏と言わずにプレゼントして、反応を見てみようかと、ほとんど「いい迷惑」な目論見というより「悪戯心」にとりつかれる。

いやいや、その人本当はクラシック好きになるはずだったのに、ここで邪魔をしてしまっていいものか?そんな権利お前にあるのか???(ここでBGMは「運命の力 序曲」byベルディ!)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。