BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

編曲者にもの申す(?)

「マーラーのアダージェット終わりが見えてきた」と前回書きましたが、難所が2つ。
この難所、こけるとか、つまずくとかのレベルではなく、完全に中断します。(悔)どうしたものか。

こういうロングトーン系の曲はそもそもピアノ演奏にはむいていないですよね。たとえば展覧会の絵。ラベルのオーケストラ編曲があまりも凄くて感動の勢いでオリジナルピアノ版聴くとキエフの大門なんか、本当ショボイ。大門どころか裏木戸みたいな(笑)。

それを比類なき技術で素晴らしい響きのピアノ曲に仕立ててくれた編曲者はMr. Makoto Goto。テキスト名は「カラヤン・アダージョ」。一時期流行ったらしい同名CDのピアノ編曲版で、ネットお友達のかじやんさんに教えていただきました。同様のロングトーン曲で以前取組んだG線上のアリアもこのテキストから。G線上のアリアの編曲も秀逸でした。この曲人前演奏すると(自分の出来はともかく)とても好評だったですから。

ところで、このアダージェットの編曲、どうしても違和感をもつ箇所が3つ。

(その1)
この曲独特の不規則(の中にも何となくルールがありそう)なアルペジオで、一箇所だけ響きが変わる場所が。コード上は問題ないのですが、響きがマーラーではないような、ちょっと俗っぽく聴こえる。

(その2)
これもこの曲独特の前打音。あちこちに使用されている中で一箇所だけ不協和音の響き方が他とちょっと違う。

(その3)
右手で押さえるCmj7。ただし親指のHが異常に響く。強さの問題ではなく、弱く弾いても前後の脈絡がなく聴こえる。一つの和音としてはきれいなのだが・・・

で、急に思い出した。あ、そうだ、オリジナルのオーケストラスコア持ってたはずだ。(気づくの遅い)

でも、僕のオーケストラスコア(全部で200冊くらいあったんだけど)どこしまったんだろう。何せ家族の嫌われもの、捨てろと言われ、捨てられずに疎開、避難、離散を繰り返し、今いずこ・・・

あったあった!
何でこんな大事なものを捨てろなんて言っておきながら、10年前のひよこクラブやら2年前のVERYやらがずらっと本棚にきれいにならんでいるのかが不思議・・・(探し始めてここまで30分-泣)

おぉ、ダフニスとクロエ(ラベル)
おぉ、小学生のときに買ったベートーヴェンの運命と皇帝
おぉ、兵士の物語(ストラビンスキー)
おぉ、オーケストラのための協奏曲(バルトーク)
おぉ、ブランデンブルグ協奏曲
おぉ、浄夜
おぅ、(←ちょっとだけ反応が違うことに注意)ラフマのピアコンまで!

あらら、こんな感傷にひたってる暇ない!(ここまでさらに30分-笑)
マーラー、マーラー・・・

あった!あれ?4番、8番、2番、1番、(以上見つけた順)でようやく5番
安いけど印刷が今ひとつ(失礼)のDover版。

(ここまでさらに30分-怒)

で、検証の結果は?

(その1)
やっぱり間違い(なのか編曲者の改変なのか不明)。ここはMr. GotoではなくMahlerに敬意を表し、オリジナル音に変更。

(その2)
これは原曲と同じ。自分の耳なんてこんなもの。それはいいとして、じゃどう解釈して弾けばいいのか???どう弾いたって弾き損じに聴こえる。(あ、プランタンさん、またミスタッチ・・・みたいな)

(その3)
あぁ、わかったこれ3拍前から続くビオラのオブリガードの最後の方だったんですね。縦の和音一つでとらえていたので、全然わからなかった。右手の3と5は伴奏の和音、1は左手で弾いていたオブリガードの続き。なるほど納得。

難所を首尾よく越えるまで、最短で2日長くて10日くらい・・・

これでグスタフとはおさらば。待ってろよ!ルードヴィヒ!(すみません。すみません。)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

かじやんさん

かじやんさん、こんにちは!

マーラーいいですよ。
これを機会に是非原曲聴いてみてください。
交響曲5番の第4楽章です。
それから「大地の歌」もお勧めします。(ただこれは季節的には秋に聴くといい感じです)

ベートーヴェン行きまっせ!
9番も今回のシリーズにしっかり入っています。ホ長調ですよね。16音符のジグザグパッセージが難しそう。

ではまた。

プランタン | URL | 2008年04月07日(Mon)16:30 [EDIT]


プランタンさん、ご無沙汰しておりました
《アダージョ・カラヤン》弾いていただけて、嬉しいです
マーラーのアダージェット、素敵な曲ですね
今、演奏をお聴きしております。
プランタンさんの、しっとりした大人の弾き方が、しっくりとした素敵な雰囲気になっていると思います。
私はマーラーはほとんど聴いたことがないのですが、こんな美しい、メロディもあるのですね
こういった曲は弾き方が難しいんでしょうねぇ
難所が二つあるんですか?
今度私も弾いてみたいです。
今度はベートーベンされるんですか?
私もこの前ベートーベンのソナタの9番を弾きました
ソナタアルバムに載っているソナタですけど、難しかったです
これから、またちょくちょく遊びに来させてくださいv-238

かじやん | URL | 2008年04月07日(Mon)00:33 [EDIT]


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。