BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今週はレッスンなし!

今週はレッスンがありませんでしたが、簡単に取組状況もとい停滞状況をまとめてみました。

それにしても、このBLOGもうちょっと地味で簡潔なテンプレートないのかな?どれ選んでも恥ずかしくて。

アストゥリアスを無理やり終わらせ、現在はマーラーの編曲もの(アダージェット)に取り組み中。2週間めにして何とか2ページまで弾けるように。ここまで1/3なので一応ペースどおり。(残り4ページを4週間で終わらせ次はベートーヴェン!)しかしどうやってもマーラーの音が出ません。土曜日はちょっと気晴らしにスタンを弾いてきたのですが、あれこれ工夫してもこれだっ!という「ウィーン世紀末」の音が出ず。第一音の全音符、それを追いかける二分音符、さらにアルペジオ(原曲はまさにハープ)・・・イメージはあるのですが、どうもしっくりくる音が出せず仕舞い。

お次は、フランス組曲3番のジーグ。ちょっとスランプ気味です。必ずコケます。ジーグらしい「派手な装飾音を伴うテンポの崩し」っていうアイディアにとりつかれ、これをトライしたいのですが、全然駄目。かっこつけすぎか?予定より2週間も遅れてる!

後は筋トレ風ハノン。弾けない。弾けない。弾けない。弾けない。弾けない。弾けない。(こんな感じで頭がおかしくなる作家の映画がありましたね。キューブリック監督で-笑-)これは頭を使うというより指に覚えこませる訓練。あまり悩まず、弾き込むべし。

ま、こんな感じです。

それから念願の連弾の音源を入手。聴いてみたら僕のパートが本当汚い。共演者には大変申し訳なく・・・。恥を忍んで演奏アップ予定ですが、ちょっと時間をください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。