BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レッスン記

先日のレッスンでの話題

まずは音楽の学校。
あそこでグレングールドはないでしょ!
ねぇ。きっと坂本龍一の一方的な趣味では?
ということで、ベトベン一番でグレングールドの弾き真似をして大笑い。
第一主題でのみょうちくりんな左手アルペジオ、第二主題での人を食ったようなスタカート伴奏。
わっはっはっ

お父様も「なんじゃこりゃぁ」と絶句されていたそうです。

肝心のレッスンは、本番前一ヶ月を切ったこの段階でようやく全曲通しで演奏しました。
「忘れるといけないので途中あちこちメモしますが、見えない後ろでこっそりやりましょうか、それとも近くで聴いていていいですか?」
「本番練習にもなるのであえて気が散るように、近くでメモしてくださって結構です」

と啖呵を切ったものの、至近距離50cmまで顔を近づけて指を凝視されたり、首をかしげられてぐるっと反対側にまわってもういちど違う手の方をジロジロされたり、時折サラサラとメモったり。

もう気になる気になる(笑)

やはり、やっちまった!と思う部分でサラサラとなれば動揺するし、そうでもないところでサラサラっとやられると何が悪かったんだ?と不安が増幅。大変よい精神修行になりました。(笑)

終わっての講評はいろいろありましたが、曲想とかアイディアが伝わるものと、そうでないものがまだらになっている、というのが一番耳に痛い話。
もちろんテクニック的な難所がいくつかあり、これの成功率はせいぜい2、3割。(悲)
しかし、それよりも30秒の短い曲×20で構成される組曲的なこの曲は無意識に弾くと前の曲のイメージで切り替えがきかないまま無造作に次の曲に入ったり、明確な曲の後につづく繊細なあるいは謎めいた曲の持ち味が出にくくなったりという問題があるということ。

で気になった曲を一つ一つ弾いてみると、「(完璧ではないものの)ちゃんと伝わって来ますよ」ということなので、後は間合いと気持ちの切り替えの問題か?

はぁ難しい。

本番まで予定どおり入れられても受けられるレッスンは後2回しかありません。

どうしよう、、、
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。