BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いよいよ9年目

勇気を奮って渋谷の○マハに申し込んでピアノレッスンを開始してから、なんだかんだと今月でまる8年が経過。来月から9年目に入ります。

この間、師匠が4人。取組曲、録音曲は数知れず。(人前発表はあまりなし)

飽きっぽい性格なのに、よく続いたものだと思います。

毎年恒例で、本宅サイトに「8年目のふりかえり」と「9年目の計画」を掲載しました。

この一年は前師匠のレッスン閉鎖とその後の放浪、そしてようやく今の師匠につくまで、右往左往しました。
またレッスン内容も8年かけて徐々に取組曲の難易度を上げてきたのに、新師匠の下では、一挙に後退して、それはそれは退屈なドリル、指の練習、腕の練習、曲を弾いても最後まで弾かせてくれず、2,3小節単位での片手ゆっくり練習。

あ、でも愚痴じゃないですよ。自分から相談をもちかけてこうなったので。

というわけで、8年目は当初計画と比較しようにもほとんど御破算状態だし、9年目はどういうことになるのか自分でもわからず状態。あまりわくわくするような計画が作れません。

そのせいでしょうか?ピアノに向かうよりもデスクワークが増えて変態チックなベートーヴェンピアノソナタのアナリーゼをやりだすわ、わけのわからん論文は書きだすわで、随分遠回りしているような気がします。

例の論文、8周年記念というわけではありませんが、一応書き終えて、師匠と作曲家のMさんに感想をうかがっているところ。師匠のご両親の意見が一番気になっていたりして・・・

それと早速Mさんから第一報。論文内容そのものではなく、その延長線上?の話題でバルトークとフィボナッチ数の関係について情報をいただく。そ、そんなの知らなかった。また論文書きたくなっちゃうじゃないですかっ!

で早速ざっと調べてみました。

感想は・・・

確かにバルトークが何であんな破滅的ながらも魅力的な音の組み合わせを繰り出せるのか、単なる思いつきではないとしたら、どういう原理に基づいているのか不思議だったのが、ちょっとわかったような。だって13度(フィボナッチ数列の7番目)とか平気で出てくるからね。バルトークが従来の規律に代わる何かを求めてこれを用いたということかも。でもバルトークの全てをこれで片付けるのは如何なものか?とも思う。それにやっぱり黄金分割は図形上の話だから美しいのであって、音で表したからってそれがどうなんだろう・・・

とまぁ、考え出したらきりがない状態に。Mさん大変興味深い話題をありがとうございました。ただこれを知ったからと言って「ルーマニアのクリスマスの歌」が格段にうまく弾けるようになる・・・わけはないのが残念です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。