BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

古典弾きたい

延々と続く、指のゆっくり弾き練習。

連弾曲とか、バルトークとかもあるけれど、さすがにがっちりした構成の曲を弾きたくなってきた。
こんな練習のまま朽ち果ててしまったらどうなるんだという絶望感がいや増す今日この頃です。

バッハ恋しや、ほーやれほ、
古典恋しや、ほーやれほ(山椒大夫のお母さんの節回しで・・・)

いや、笑い事じゃなく冗談抜きに、視力も失い絶望の淵に立たされた年老いたお母さんの気持ちに同化してしまいます。

ということで、せめて頭の体操だけでもと、久しぶりにベートーヴェンの楽譜を取り出して机上シミュレーション的トレーニング。ピアノソナタ第1番(シュナーベル版)の第1楽章を自分勝手にアナリーゼしてみました。(リストはちゃんと和声アナリーゼしてみないときちんと弾けないと先生に言われてがんばっているお友達の話に刺激され・・・)

今後、継続的にこういうことをやるつもりはないし、まともな勉強を踏まえているわけではないので、自分で書いたものが、書き方の点でも内容の点でも正しいわけもなく、お遊びとしての取り組みです。
そんなわけでさらっとBLOGにアップしようと思ったのですが、なぜかこのBLOG、PDFファイルを受け付けないので、やむなく本宅サイトにこのためだけのページを作る羽目に・・・

こちら

自分勝手表記なので、何のことかよくわからないと思います。
当然間違いもいっぱいあります。
たとえばdim7、どこから始まっても響きは同じなので基音をどう設定すべきなのか?調性からか前後の流れからか?一人で考えていてもしょうがないので、結構適当です。
あくまで自分のためだけのメモということで・・・

でもこうやって整理してみると、ベートーヴェン本当すごい人だと感じ入ります。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ていさん

わけのわからない内容ですみません。
でもコメントして下さって励みになりました。

僕もバッハと古典に「きゅうきゅう」したいです。(笑)

プランタン | URL | 2011年08月19日(Fri)11:04 [EDIT]


クリックして、どきゅん!
プランタンさん こんばんは!お暑うございます。
私は今バッハと古典にきゅうきゅうしておりますよ。
兄さんからは朽ち果てる予感が全くしないので、きっと大丈夫!
拝見して、私にはよくわからないけれでも、色々とまだまだまだ甘いんだわあーってことに気づけました。
UPしてくださってどうもありがとうございます!拍手!

てい | URL | 2011年08月18日(Thu)21:09 [EDIT]


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。