BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レッスン状況

打ちのめされつつ(笑)、今回は取り組み中のレッスン課題の紹介です。

ドリル編
1 先生手書きの指ドリル
前回紹介したやつです。(しかし、自分で書いておきながら指ドリルって凄い言葉ですね。違う意味にとられそう。)

2 ずっと続けている子供用のドリルから2、3
ドソミソの連続とかその類。これも片手ずつゆっくり。空きスペースのイラスト、可愛らしい擬人化したウサギちゃんがいかにも子供向けで、これを弾いている自分が悲しくなります(笑)

3 ハノン スケール
第一関節が伸びきってしまう癖の矯正用。

4 左手半音練習
出所不明。自宅練習では完璧なのにレッスンではなぜかNG、原因不明。

5 コルトーのピアノメトードから
前回から新たに追加。指が全く動かないっ!これは衝撃的な練習曲です。

6 パルティータ第二番 アルマンドから第一段目のみ片手ずつ
曲としてでなく運指の練習として。

曲としてのレッスン
1 連弾曲3曲
11月のコンサートで8曲からなる組曲を演奏予定。
そのうち僕の出番は3曲。レッスンでは一度に3曲は無理なので一回一曲ずつ。ということもあり、一番見てもらったので3回、少ないのでまだ1回、まさに遅々として進まずです。
曲名はいずれ公表させていただきます。

2 バルトーク ルーマニアのクリスマスの歌
全20曲!って言っても一曲平均30秒程度で全部通しても10分です。今、ちょうど半分の10曲(第一集)まで見てもらってます。

と書いてみると、てんこ盛りのレッスンに見えますが、実際はすごく地味です。曲練習も通しでの演奏はまずありません。課題と思われる2、3小節のみピンポイントで延々と!

終わってみれば、どんだけ進歩したんだ?と哀しくなるような内容だけど、やってる最中は意外に手応えあるんですよね、不思議と。

こんな状態いつまでつづくのでしょうか?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。