BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

犯人はお前か?

さて、こぶし練習、単音練習を延々とくりかえし、重音練習、和音練習も組み込まれ、さらに指の運動のドリルをいくつか。メニューが多くなった分、気が紛れるのでピアノ練習時間はそれなりにかけることはできます。
(こぶし練習、単音練習だけだったらたぶん15分だけで気が狂いそうになりますから。)

G師匠(命名byプランタン、イニシャルではなく豪邸のG,最終兵器ゴルゴ13のG-笑-)、本当に褒めるのが上手。「こんな苦しい練習をちゃんと吸収して目に見えた改善を次のレッスンまでに見せてくれる生徒さんは初めて!」と言ってくださることだけを励みとしてつらいつらいドリルのみを繰り返す日々。

この前のレッスンで、右手の中指が妙に力がはいることが発覚。これだけがどうやっても改善できず。苦労しています。どうやら構造的な問題の一つがここにありそうです。

唯一の練習「曲」ハチャトゥリアンは、最後まで弾かしてくれず、最初の2段だけで「弾き方が自然になってきたのでもうやらなくていいです。」と強制終了。そりゃないぜ!とばかり禁をやぶって演奏をアップしました。

こちら

偶然ですが、これもハ単調です。(ということでハ短調シリーズは中断されたわけでは・・・ない?)

そして、これまでの苦労のご褒美ということでしょうか?「そろそろ曲をやってみましょうか」ということでパルティータ2番のシンフォニアのアンダンテの部分(のさらに最初の数小節だけ!!!)をレッスン題材にさせていただくことに。

先日の今年最後のレッスンではレッスン終了後「お話したいことがあるので」とシュトーレンとコーヒーまでいただきながら30分ほど談話。

といっても特に改まった話というわけでなく、いろいろな作曲家の話とか演奏家の話とか、今年出させていただいたサロンコンサートのことだとか(会場がほんとすぐそこです)、小さい頃はどんな音楽が好きだったのかとか、ピアノ演奏に何を求めているのかとか、譜読みをひととおり終わった程度でなぜ満足できないのか、それはそれで結構な心構えだが何がそうさせるのか、仕事を持ちながら大変すぎないか、というとりとめもない話から、後半はちょっと真剣な話題まで。

話題があまり重くなってもどうかと思い、年内に44年の歴史を閉じることとなった渋谷ヤマ○の話題等も。
楽譜が処分売りで超安くなっているので、行くたびにものすごい勢いでなくなっていきます。
最後に買ったのが(弾けもしない)中国の不思議な役人の2台ピアノ編曲版!あ、バルトークと言えば、簡単な曲見つけたんですけど、これレッスンに使えませんか?と別な楽譜をお見せしたら、「この曲は知りませんでした」と興味津津だったのですが、なぜかこの楽譜に入っているピアノソナタとか組曲とか他の曲に話題が・・・こういうところが芸術家たる所以か・・・

でもどんな豪華なディナーよりも素敵なクリスマスディッシュでした。

とりとめもない話題で申し訳ありません。

それでは皆様今年はいろいろお世話になりました。
どうかよいお年をお迎えください。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。