BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

二日酔い

今週の土・日は久しぶりの「予定」なし。
のんびりピアノ三昧と目論んでいたのですが、金曜日の夜にちょこっとお酒を飲んで、土曜日起きたら大変なことに・・・

いや、大して飲んじゃいないのですよ。本当に大人しいもんです。

ビールを大ジョッキで一杯。
お酒(冷酒)を二合。
その後、焼酎をロックでグラス一杯。

たった、これだけです。
つまみは、串焼き10本セットにうなぎの白焼き、キャベツ、うなぎの骨せんべい、それに焼きおにぎり一個。

普通に会話して、普通に意識があり、普通に帰って、普通に寝たのに、朝起きると何となく二日酔いかなぁって程度で、「あくまで念のため」にと近所のコンビニまで出かけて「液キャベ(だったかソルマックだったか」を飲みました。

で、あ、お腹が空いたと気がつき、駅の方まで行って立ち食いそばでわかめそばを一杯。(こういうときの立ち食いそばうまいんですよね。)

家に帰って、早速ピアノ。
ハノン49番、フランス組曲の1番アルマンドにマーラーのアダージェットを弾きまくる。
こんなにピアノ時間がとれるなんて、信じがたい幸せ。

ここまでは良かったんですがねぇ・・・

で、10時頃に、急に頭がぐらぐらしだした。
食べ物の食感とかにおいを思い出すと、ものすごい吐き気。
げっこれはまずい。
何でワンテンポ遅れて二日酔いの強烈なのが出てきたのか訳も分からず、とにかくベッドにもぐりこむ。

お昼も食べずに、時々の水分補給を除いては、15:00頃まで寝てました。
その後一旦起きたのですが、まだ気持ち悪い・・・でまた寝る・・・18:00に起きて、夕食を無理やり食べて、お風呂だけはちゃんと入ってまた20:00に寝る・・・日曜日の朝6:00に起きて・・・う~ん、吐き気もなく、ようやく大丈夫かな?(でも、まだ頭が少し痛い)

何が悪かったのか?お酒飲んだの久しぶりだし。最後の焼酎、グラス一杯といっても、なみなみ(いわゆるすりきり一杯)入ってたからなぁ。あれがいけなかったんだろうか?

で今これ書いています。

久しぶりにシフのフランス組曲(くみきょくってキーボード打とうとすると、「久美子よく」って変換されちまうのはなぜ?二日酔いで指までおかしくなったか?)、イタリア協奏曲、フランス風序曲を聴きながら。
フランス組曲は、全42曲中間引きに間引いて16曲を厳選し昨年の4月から取組んでいます。ようやく残り3曲となりました。(1番アルマンド、サラバンド、ジーグ)

これまでの取組みを振り返りながら、改めてじっくり聴いてみると、やっぱり表現しきれなかったところが山のように出てきますねぇ。(比べること自体おこがましいのですが、それでも随分と気づかされます。)

まずはアルマンド。6番以外は全て取組みました。大好きな分自分なりにアプローチしているので、やろうとしていることはわかっているし、その方向性は間違いない(つもり)。ただそれが表現できているかどうかの技術的な問題と割り切れる。サラバンドもまぁいいか?でもあれだけ表現したつもりが、まだ足りぬ。もっと過剰気味でもよかったのかも・・・それ以外の曲はねぇ、ちょっと何したいのかがわかってなかったんじゃないかって曲が多いです。特にちゃんとやらねばと思ったのはジーグ。やればやるほどジーグの面白さ、難しさがわかったつもりでも、改めてプロの演奏を改めて聴くと・・・打ちのめされますです。

それからイタリア協奏曲、有名な第一楽章、第三楽章もさることながら最近は第二楽章にものすごく惹かれる。

フランス風序曲も捨てがたい。いつか弾けるようになるんだろうか?序曲だけで12分の大作。

バッハの道、気が遠くなる・・・
自分はまだほんの入り口・序の口・ただの真似事。

急に、プロによる生演奏のバッハ聴きたくなってきた。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。