BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レッスン記(2月16日) そっちのけリコーダー話

・ラフマニノフ プレリュード Op.23-4 (レッスン四回目)

前々回レッスンまでの一週間、進んだのはたった8小節。
前回レッスンまでの一週間は・・・7小節(泣)。
今回レッスンまでの一週間は・・・8小節(号泣)。

取組んで6週間経過し、ようやく4ページ中3ページが終わったところ。
1ページに2週間もかけている計算になります。

このペースだと仕上がるまでに後2、3週間かかってしまう。

先週ロックオンされた7小節は、かなり流れがよくなりました。
その前のところは、
・ペダルの上げ方が不十分で大事なテーマの音が濁ってしまう部分
・クレッシェンドの山で出てくるアルペジオと途上にあるアルペジオの違い、特に左手のベース音の響かせ方、タイミング
などをピンポイントで指摘された他は、先生も全般的に満足のご様子。

それはよいとして、今日の課題はまさにこの一週間やってきたところの8小節。
全く手につかず、アルペジオがあちこちで破綻します。
テーマもあちこちでミスタッチの連続。

特に次の9小節目の第一音がものすごいアルペジオ。広げた片手の幅が30cm(笑)ないとまともに弾けません。(お前の手は巨大団扇かっての)

左手が
Fis→(一オクターブ上の)Fis→(5度上の)Cis

同時に右手が
Cis→(4度上の)Fis→A→Cis→(6度上の)A

左指は5→2→1?もしくは5→1→2
右指は1→2→3→4→5?もしくは1→4→1→2→5

「先生、どっちがいいんですか?」

先生とああでもない、こうでもないと議論した結果は、

左指5→1→3
右指2→5→1→2→5

に決定。ただし指が決定したからといって、すぐ弾けるようになるわけ・・・はない。
左右同時ですから・・・無理・・・絶対無理(また出たっ次男キャラ!)

しばらくは、ここで足踏み状態になりそうです。次の一週間は直近の8小節のおさらい+この1小節でおしまいになりそう。(ってか、これでさえ終わらなさそうな気配)

PS
あまりに愚痴り気味内容なので、口直しに別なお話しを。
先日は、愚息(次男)の音楽発表会でした。
都内の仲の良い小学校が10校くらい集まって、行うものらしいです。

合唱が一曲、それからリコーダー合奏が一曲。
リコーダーは、日ごろの音楽の授業で一曲ずつリコーダー演奏をクリアしていく課題があって、これが進んでいる生徒の順に好きなパートを選べるということで、一番人気はバスリコーダー、二番人気は、ソプラノで数小節のソロ演奏・・・・と続くわけですが、何?小学生の分際でバスリコーダーを?ずるい、パパに吹かせろ!

結局、愚息は12台あるバスリコーダー組に滑り込みで入れたので父親が喜んだのなんのって(この喜びは決して息子のためにではありません)。
ただし、このバスリコーダーもさらに二種類あって、プラスチック製のものと、木製のものに分かれます。前者は単にアルトリコーダーの倍の長さで吹き口がちょっと折れ曲がっている以外は通常のリコーダーと変わらず。

「何、そんなちんけなものが最近あるのか?それはパパが知っているバスリコーダーなんかじゃないぞ、ホントは木製で、バスーンみたいに吹き口のパイプが延びていて、かっこいいんだぞ」と説明してたら、これが後者の木製のもの。しかも運指はバロック式(憧)。

どんな経緯で組み分けされたのはわかりませんが、結論から言うと、彼はこちらの本格的な木製の方をゲット、我が家に持ち帰ってきました。(父親はもう涎だらだらです。)息子そっちのけにして吹いた吹いた。いやぁ、実は僕リコーダーフェチ(笑)だったんですよ、中学生の時。ソプラノもアルトも学校指定のがいやで、木製でバロック式のものを買ってもらって、よく吹いてました。ラフォーリアのテーマとかいろいろ。ソプラニーノも持ってましたが、さすがにバスはねぇ。そもそも日本にそんなものあるのかって感じだったですけど。

「はやく僕に吹かせてよ」と次男。「いや、まだだめだ。管が暖まらないと良い音が出ないんだ」とか何とか言いながら独り占め。(笑)でようやく次男で手渡す。こういうイライラ作戦て結構効くんですよね。その後次男は珍しく集中して自分のパートを完璧なものとしたのは言うまでもありません。

で、当人の本番はどうだったのか?
僕には興味なし。平日だったし。自分が吹けたというだけで満足。(何て親だ)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。