BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レッスン記(10/27)

1.ハノン 54番 3度の4重トリル

本日は前回に引き続き、54番の後半。

これは片手よりも両手の方が大変です。
右と左の組み合せが指の自然な動きになってないから。
だいたい途中で、左右がこんがらかってはたと止まることが多く、随分丁寧に練習しました。
(自分にしては珍しく。ボソ)

その甲斐あって、本日はスムーズに弾けたし、片手も全く問題なかった。

いつもの指摘をしてやろう(3,5の縦があいませんよ、とか)と虎視眈々と狙う先生の猛禽のような目(ちょっと大げさです)にもめげず、しっかりクリア。

先生も残念そうにうれしそうに、「はい、よくできました」と今日は文句なしの花丸。

次は55番。(ハノンも残り少なくなってきました。もう5年以上もやってます。)

2.平均律第一巻 10番 e-moll プレリュード
今日が「お初」。

Prestoの前、ちょうど全体の半分くらいまでおさらいしてきました。

「テンポはそのくらいでいいですね。」

おぉ、いつもテンポを速くしたいシンドロームにかかっている僕としては、嬉しい言葉。(と言っても、この曲の前半はゆっくりなんだけど)

この曲(の前半)は哀しきカンタービレのテーマが命。
いつものレッスンスタジオのピアノは、この領域の音がこもりがち(特にソフトペダルにした場合)なので、かえっていい練習になります。

「テーマがちゃんと出てますね、装飾音符の後がちょっと崩れますが・・・」

はい、はい、そんなのわかってますよ。来週までに治しときゃいいんでしょ。
「そ、そうなんですよ。意識して慌てちゃって」

(前回のレッスンがボロボロだったせいか、今日は気持ちがゆがんでます。)

「それから、3番目のトリル、だらだらと弾かずに、1、2番目と同じようにメリハリをつけて弾いて下さい。」

ち、ちょっと待ったぁ!1、2番目は次の音への前打音の前に休符があるけど、3番目は休符なし。従って1、2番目とは異なる弾き方をしなければいけないのでは?

と、たてつくのをぐっとこらえ、

1、2番目と同じ弾き方をせよと言っているのではなく、単に3番目の弾き方として「ダサい」と指摘されたのだと解釈、「考えてきます。」

ってか、俺、そもそもトリル苦手だし。ホント下手くそ。(愚痴りだしたら止まらない酔っ払い状態。本当に始末に終えない。)

3.ベートーヴェン ピアノソナタ 9番 第二楽章
今日でレッスン3回目。

新しい指使いも馴染んできたぞ。

「バラバラ感がなくなりましたね。」

やったぁ!

で、この後いつもの部分練習攻めもクリア。
一箇所を除いて。

「ここの左手の速いパッセージ、3つある大きな波の最初ですから、もっと小さく、で2番目、3番目の波で段々大きくしてくださいね。」。

僕の左手には、速いパッセージを小さく弾くなんて芸当はで・き・な・い・の!
しょうがないから、せめてジェスチャーだけでもと、体を大きくかがめて(口までとんがらかして、のだめのように)丸くちぢみ込んで弾いた。もう目の前7.5センチ先が鍵盤。そのままの姿勢で首だけ回転して先生の様子を窺うと・・・

「はい、OKです。」

ええええっ?!!!

やったぁ、ごまかし弾き大成功
いやいや、ちょっとは小さく聴こえたんでしょう。こういう風に弾く努力をすればいずれは左で弱早弾きもできてくるはずと判断していただいたんでしょう。

というわけで熱演に対し(おいっ)大きな花丸をいただきましたっ!

「いただきましたっ」て大手を振って喜ぶところじゃないような・・・

まぁいいや。次回は3楽章です。

というわけで、久しぶりの二週連続でのレッスン。しかし、来週はまたお休みだそうだ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして。。。。
いろんな人のブログを見ていました。
参考にしたいと思います。
私のブログも見てください。

興味がなければ、すいません。スルーしてください。




ただ | URL | 2008年11月03日(Mon)21:40 [EDIT]


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。