BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Beethoven Op.14 No.1 II Allegretto

ベートーヴェンのピアノソナタ9番 Op.14 No.1の第二楽章(Allegretto)を本宅サイトにアップしました。

流れてない、汚いとの罵倒にめげず、流れないまま、汚いままでのアップでございまして・・・
通常のことでは動じないような我こそは剛の者と自認する方のみ試聴のほどを。

右と左がねぇ、そろわないんですよ、何度やっても。
あと、持っているシュナーベル版、前から気づいていたのですが、指使いがどうも日本人向けではないような。っていうより、ドイツ人だってそんな指使いするのが妥当かどうか、妥当かどうか以前に可能かどうかと不思議に思わずにはいられません。ホント「不自然」です。(←これ、一般的に逆切れっていうんですよね)

で、先生とレッスン中に相談して、「自然な」「身の丈にあった」指使いに変えての演奏。特に支障はないので、あまり指使いに悩む必要はないんだと一安心。

あ、いや、天国のシュナーベル様。全然だめっていってるんじゃなくて、なぜ貴方様が、その指使いがよいと考えるに至ったのかについては、十分研究し、尊重はいたします。ほほう、そういうことかと感心することが非常に多いです。ただそれが自分にできるかどうかの問題なんで。

たとえば、左手の5、4でシ、レを同時に二分音符でおさえたまま、シラソ#シと八分音符で弾くときになぜ1231ではなく2132なのか?指つるって。届かないって。速く弾けないって。

と、たてつきつつも、ベー様の素晴らしい音楽を堪能。いやぁ、いい曲でございました。

メロディメーカーとしてのルードヴィヒの面目躍如。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

秘密コメ2さま

おお、こんばんは

ベトソナ、はまり中です。
3Bのうち2Bさえあれば、十分です。
あれもう一人のBってだれ?
あ、バルトーク(違&殴)

最近さすがにちょっと飽きてきて2B以外の作曲者様が恋しいこのごろです。

プランタン | URL | 2008年10月25日(Sat)23:03 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008年10月25日(Sat)17:22 [EDIT]


秘密コメントさま

書き込みありがとうございます。

お互い月曜日なんですね。
そう思うと僕も元気になります。

ベトベン難しいですが・・・
がんばります。

審査委員長より

プランタン | URL | 2008年10月23日(Thu)21:21 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008年10月22日(Wed)16:07 [EDIT]


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。