BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

レッスン記

ジョイントチャリティコンサート後、しばらくお休みしていたレッスン3週間ぶりにいって参りました。

コンサートに来てくださったお母様が、真っ先に玄関でお出迎え。
レッスン室でしばし歓談。こっちはもう恐縮するばかりで、お恥ずかしい限り。

「お母さんったら、音楽のこと何にもわかんないくせに、コンサートから帰ってきたとたん、リズムがすごくよかった!って生意気なこというんですよ」と師匠。

師匠には録音mp3を送っておいたので、恐る恐る感想を聞いてみると、

「出だしすごくよかったですよ。出だしが一番難しいのに、最初から雰囲気とリズム感が明快で、これ本番じゃなかなかできないんですよね。全体としては、やはり弾きこんでいた第一集の方が安定してましたね。」

いや、ミスタッチは第二集の方が少なかったと思うんだけど・・・

実は先週一週間、人前でしゃべりっぱなしだったので、喉がガラガラ。お話はこの辺にして、喉あめをなめながらレッスンを開始。

三週間あったんで、弾いてきましたよ、パルティータ2番のアルマンドと悲愴三楽章。
パルティータはこれまで一段ずつ3~4週間ペースだったのを、この三週間で無理やり三段やってきて前半通して弾けます。
悲愴も第一主題の部分両手で弾けるようにしてきました。

「まぁ、楽しみ」

と、弾いたら、先生しぶ~い表情。全然だめだそうです。(厳)

せっかく積み上げてきた弾き方がもとに戻ってしまっているので、もう一度片手でゆっくり練習からやり直してください。そんなに先を急がず、最初の1、2小節だけでいいですから。・・・だって。

で、後はまた例によって苦行のレッスン。

「あ、ほら、治ってきた。すごい、すごい。やっぱり早いですね。」
とフォローしてくださるが、混乱して何がどう治っているのかも知覚できず。

自宅でも、言われたことを意識してやっている(つもり)し、結構できている(つもり)と思ってたんだけど、ことごとく否定。結局自宅に戻って、言われたことを復習しようと思っても、何ができてなかったのかが、わからなくなっちゃうんだろうな、だって弾けてる(つもり)んだから。

この知覚ギャップの謎が解けるまでは、しばらく苦しみそうです。

ということで、帰って早速弾いてみると、不安適中。何ができていないのかがさっぱりわからん。
指先には重心がかかっているか?手首、肩は固まっていないか?こぶしの関節は出ているか?
全部できてるような気がする。

もうすっかり嫌になって、Rooさんから送っていただいたジョイントチャリティコンサートのDVDを初めて見てみる。
自分の恥ずかしい姿を見ながらの感想。

1.確かに弾き方が変わったような気がする。
2.音だけ聞くより、動画を見ながらの方が、曲の雰囲気が伝わりやすく、逆にミスが思ったほど露見しにくいような気がする。(内心、あんなにミスにあわてまくってブルブルだったのに、驚くほどシレっと弾いている自分=年の功とはこのことか?)

話題は変わりますが、前の師匠とあわせものをやることになり、それぞれ楽譜を注文。特に目標もないし、えらく難しい曲なので、かまえずのんびりやることにします。

スポンサーサイト

PageTop

ジョイントチャリティコンサート

11月6日のジョイントチャリティコンサートお陰さまで無事開催することができました。
ありがとうございました。

自分としてはかなり無理めの企画で、他のみなさんには申し訳なく思っております。

ソロのバルトークは、ミスタッチ多すぎっ!だけど、ちゃんと最後までたどりついたので、御褒美!
ゆっくり弾いたつもりが、やっぱり慌てて弾いている感じがする。

連弾は、ソロに比べると、相方さんにひっぱっていただいたせいか、まぁまぁよかったと思います。
でも、何か音が硬い感じがする。(ずいぶん柔らかく弾いたつもりなのだが・・・)

音源はこちら

当日、会場にお越しいただいた中には前師匠のお姿が。
「びっくりするくらい音がきれいになっていて、ちょっと悔しい。」って思ったそうです。「姿勢もよくなったし。」ってどんだけひどかったんだろうかと、師事していた、ちょうど一年前までを思い返してみる。

現師匠は、残念ながら友人の披露宴で欠席、代りにお母様にお越しいただきました。
コンサート後まだレッスンに行っていないので、感想はうかがっていません。(これは後日報告させていただきます。)

自分のそんな演奏よりも、ここまでみんなで作り上げてきたんだということの方がよほど大事。
連弾の組み合わせ、会場の場所取り、ソロ曲の順番決め、プログラム作り、くるみ割り人形の台本づくり、編曲者の三枝さん本人の指導のもとでのリハ、募金箱・・・

僕の数少ない貢献は、宴会部長としての打ち上げ会場予約(笑)。

連弾の部は、ほとんど主役といってよいEkkoさんの玄人はだしの朗読。
それから譜めくりのあややんさん。感謝の気持ちでいっぱいです。

そして大切なピアニスト仲間のみなさん。
書き始めるときりがないので、それぞれのソロ演奏の感想を一言フレーズで。

Rooさん:水面にたゆたう乙女の夢
ペンネさん:絢爛たる荒涼
たかこ姫さん:暖色のゆるやかな氾濫
すけきよさん:儚くも確かな祈りと願い


何より嬉しいのは、驚くほど多く寄せられた募金額!
この募金には、当日いらっしゃれないとのことでわざわざ遠方から送っていただいたものも含まれます。
本当に本当にありがとうございました。
ここまでやってこれたのは、皆さんのおかげです。

本当は、もっと時間をかけてきちんと文章にしたいのですが、いかんせん、ためにためていた仕事が大変な状態なので、この辺で御了承を。

PageTop

バルトーク ルーマニアのクリスマスの歌

あさっての本番前に、バルトーク「ルーマニアのクリスマスの歌」第一集および第二集をアップしました。

こちら

レッスンはすでに終了。後は前日リハ&本番を残すのみ。
これで連弾もの3曲も含め、取組曲は一掃。

次回レッスンからは、悲愴3楽章となります。

PageTop
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。