BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ジョイント・チャリティ・コンサートのお知らせ

11月6日にジョイント・チャリティ・コンサートを開催します。

メインプログラムは、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」組曲の連弾です。
編曲は気鋭の作曲家、三枝隆さん!(本宅サイトで取り組み中の連弾曲名を伏せていたのは、これなんです。)

クリスマスには若干早いですが、震災復興への願い・祈りをこめつつ、ピアノ仲間5人プラス三枝さんで夢のあるプログラムにしようと企画しました。(ってか、僕は末席にぶらさがっているだけですが)

連弾の他、ソロプログラムもあり、僕はバルトークを弾かせていただきます。これもクリスマスにちなんだ曲です、でも、あまり有名な曲ではありません(汗)。ま、それはともかく、お友達のみなさんの素晴らしい演奏が楽しみです。

入場無料とし、その代わりに東日本大震災で親を亡くした子供達を支援するため、募金をお願いしております。

詳細とお申込みはこちらから。

ぜひお越し下さい。

スポンサーサイト

PageTop

アナリーゼ(悪乗り)

思いのほか、好評のコメントやレスをいただいたので、調子に乗って第二楽章(Adagio)、第三楽章(Minuetto)も我流アナリーゼしてみました。


こちら

第四楽章は小節数が多くてめんどくさそうなので、たぶんやりません。本当はこんなことしてる時間ないのに・・・

PageTop

古典弾きたい

延々と続く、指のゆっくり弾き練習。

連弾曲とか、バルトークとかもあるけれど、さすがにがっちりした構成の曲を弾きたくなってきた。
こんな練習のまま朽ち果ててしまったらどうなるんだという絶望感がいや増す今日この頃です。

バッハ恋しや、ほーやれほ、
古典恋しや、ほーやれほ(山椒大夫のお母さんの節回しで・・・)

いや、笑い事じゃなく冗談抜きに、視力も失い絶望の淵に立たされた年老いたお母さんの気持ちに同化してしまいます。

ということで、せめて頭の体操だけでもと、久しぶりにベートーヴェンの楽譜を取り出して机上シミュレーション的トレーニング。ピアノソナタ第1番(シュナーベル版)の第1楽章を自分勝手にアナリーゼしてみました。(リストはちゃんと和声アナリーゼしてみないときちんと弾けないと先生に言われてがんばっているお友達の話に刺激され・・・)

今後、継続的にこういうことをやるつもりはないし、まともな勉強を踏まえているわけではないので、自分で書いたものが、書き方の点でも内容の点でも正しいわけもなく、お遊びとしての取り組みです。
そんなわけでさらっとBLOGにアップしようと思ったのですが、なぜかこのBLOG、PDFファイルを受け付けないので、やむなく本宅サイトにこのためだけのページを作る羽目に・・・

こちら

自分勝手表記なので、何のことかよくわからないと思います。
当然間違いもいっぱいあります。
たとえばdim7、どこから始まっても響きは同じなので基音をどう設定すべきなのか?調性からか前後の流れからか?一人で考えていてもしょうがないので、結構適当です。
あくまで自分のためだけのメモということで・・・

でもこうやって整理してみると、ベートーヴェン本当すごい人だと感じ入ります。

PageTop
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。