BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

グラナダの夕べ

先週の平均律クラヴィーア第一巻に引き続き、ドビュッシーの版画から「グラナダの夕べ」を本宅サイトに演奏アップしました。

こちら

機械もしくはソフトの調子が悪く、ちょっと音質悪いです。XP用のソフトを無理やりVISTAで使っているせいかもしれません。

スポンサーサイト

PageTop

平均律第一巻 NO.2 プレリュード

平均律クラヴィーア第一巻
No.2, c-moll ,プレリュードを本宅サイトに演奏アップしました。

こちら

昨日、音楽会に参加させていただき、その時の録音をアップしようと思っていたのですが、直前の演奏がめちゃくちゃ美しくて、びびりまくり、完全に舞い上がってしまって、ICレコーダーの録音ボタンを押すどころか、そもそもレコーダーをバッグから取り出すことさえ忘れてしまいました。僕の直後の演奏も、はぁ~、それはそれはうっとりするような演奏で。本当に失礼しました。遅刻するかも、ということで演奏の順番を後の方にしてもらったのですが、ちょっと場違い感が・・・
演奏したのはこの曲とドビュッシーのグラナダの夕べって何の脈絡もない組み合わせですが、この2曲がちょうどレッスンOKもらったばかりだからという単純な理由から。

とは言え、このガラッと趣きの違う2曲、雰囲気を変えて、おぉっと思ってもらったら嬉しいなともくろんではいたわけで、後で、「ちゃんとグラナダしてた」「音色ががらっと変わって良かった」と大変やさしい言葉をかけていただき、嬉しかったです。首尾としては、バッハは完全に途切れること数回…絶句。ドビュッシーは全曲ほとんどソフトペダル踏みっぱなしという地味な曲ですけど、バッハの出来の悪さに動揺して、最初の数小節ソフトペダル踏むのを忘れてた!!!&ここぞという聴かせどころでことごとくミスタッチの汚い音・・・と、まぁ、動転しっぱなしの演奏でした。

でも、とっても弾きやすいピアノと、会場の響きの良さに助けられ、とてもとても楽しめましたです。この前の発表会のような指の震えもなかったのが個人的には嬉しかった。

グラナダの夕べは来週にでもまた録音を試みます。

音楽会の主催者様、皆様、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
(しかし、この会、レベル高っ!!!)

PageTop

過去の計画

HTMLファイルが壊れてそのままになっていた、1年目から4年目までの過去分の計画。
記憶をたどり復旧させました。

とは言え、計画ではなく実績の記録にすぎません。

こちら

PageTop
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。