BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

季節感

これまで、時々の季節にあわせて取り組み曲を決めるということはありませんでした。

あえて言うなら、以下の3つくらいか?

1.モーツァルト・イヤーの時にモーツァルトの誕生日(1月27日)にK332の第一楽章を終わらせた。→季節感とは言えない。

2.たまたま子供の領分をやり始めた時に冬だったので、取組順番を予定変更し、最初に「雪が踊っている」を始めた。→結局出来上がったのは3月23日。遅いって

3.クリスマス前にふと思い立って樅の木をコソ練でやった。レッスンに持ち込むと豆撒きの頃までひっぱりそう(笑)だったので、持ち込まず12月で強制終了。

ということで、まともに季節感が出たのは3のみでしょうか?ということで、現在、あれこれ放浪の末ラフマをやっているのですが、ラフマと言えば冬ですか?しかも厳冬?やっぱり。でも取組み曲(Op.23-4)はその中でもちょっと牧歌風。初春の香りがしなくもないので、終了予定の3月中旬にはちょうどよいかもしれません。

あくまで計算ずくではなく、たまたまそういう時期に重なっただけですが、これも何かの縁。しばらく季節感のある曲を続けてやってみるという自己企画はどうだろうか?

ラフマの後は、
・初夏の香りがする曲を5月から6月にかけて、
・その後は夏の熱気むんむんの曲を7月から8月にかけて
取組みます。もう曲は決めてあります。ただ、また気が変わるといけないので今のところ非公開。

いずれにしても、ベトソナ&平均律忌避から引きこもり&ダッチロール気味だったピアノ取組の路線がようやく決まった!と思えるような納得感があり、何となくやる気がでてきました。

ところで、最近シューマンの音楽評論集を読んでいたら、「音楽の座右銘」というのがあって、ピアニストを目指す子供達のためにいろいろなアドバイスが。これはこれで面白いので改めて記事にしようと思います。今日はその中から、痛~い一言を。

「よい大家、ことにヨハン・ゼバスチァン・バッハのフーガを熱心にひくように。《平均律クラヴィーア曲集》を毎日のパンとするように」

う、う~ん、そう思ったからこそ、手がけたんですけどねぇ。やっぱりねぇ。それにしても毎日のパンとはねぇ。ということで、しぶしぶ再開しますか。10番のフーガ。はぁ、やる気しない。何か趣向を考えないと前向きにならないので、いろいろ考えた結果、左手だけ取組むってアイディアにたどりついた。だいたい片手練習というものを、もともとちゃんとやっていないし。たまにはいいかもしれないですね。

なぜ片手練習が嫌いかって、結局片手で出来たと思った後、両手に移行した時の挫折感の大きさがあるからです。皆さん感じませんかこれ?それならば、ただでさえ時間がないので、最初から両手でやっちまえ!ということになっているわけです。平均律、絶対仕上げる!という気力がまだみなぎってこないので、期限も決めずに、お試しとして、この右手封じ込み作戦やってみようか。

スポンサーサイト

PageTop

レッスン記(1月26日)

久しぶりの二週連続レッスン

・ハノン57番、オクターブによる分散アルペジオ

一週間随分必死にやって来ましたが、全く弾けません。どんなに遅く弾いても音はずし必至。C durのみのわずか2小節だけでさえ最後までたどりつけず。
先生も「これ難しいんですよね」と同情気味。

・一音一音を追いかけるのではなく、視野は広くとる
・意識を次へ次へと先に向ける

というアドバイス以外、全く妙手はない模様。
「延々と弾き続けるしかないってことですね?で、そのうち弾けるようになると?」
と必死にすがったものの、先生「はい」とは言ってくれませんでした。じゃ、どうすれば・・・

・ラフマニノフ プレリュード Op.23-4 (前回「ちら見せ」だったので今回を一回目として)

全4ページ(→意外に短い)のうち、半分まで譜読み&暗譜終了。ピアノ暦6年目にして初めてソステヌートペダルを使ってみました。(ただし家では練習できない。)これ使わないと、どうしても音が伸ばせないところがあるので。

前回「ちら見せ」の時の先生の不審な反応が気になってたのですが、今日の先生は打って変わって自然体。淡々といつもの的を得たアドバイスが続きます。

やはり中声部のテーマをどれだけ浮かび上がらせるか、歌わせるかがポイント。最近の自宅練習では、もうそれ「のみ」考えてやってます。

「テーマを浮かび上がらせるのは大事ですが、そのテーマの中でも流れがあるのでただ大きく弾くだけじゃだめですよ。ここは微妙なクレッシェンド、最後はデクレッシェンド。」

って、浮かび上がらせるだけで必死なのに、そんな芸当できっこない!

と、ここで宿題を教えると、すぐ「できない。そんなの無理」といってソファーにひっくりかえってしまうわが次男を思い出し、恥ずかしくなった。まったく手のかかるクソガキだってそれはおまえだぁ!

それにしても、この曲、アコピだと響きが全然違います。テーマだけを何とか響かせようと思っていても、他の声部が複雑に入り組んでくると、どうしてもテーマを押さえる指がおろそかになって全体の中に隠れてしまう場所が3箇所ほどありまして、今日のレッスンで弾いているうちに、その難所の部分、テーマがだんだんと聴こえてくるようになるではありませんかっ!嬉しくなって何度か弾くと今度は指がこれを覚えてますますはっきり聴こえる!おぉ、まさに、グランドピアノ効果!(家にかえってデジピで弾いてもちゃんと聴こえるようになっていた!感激)

ということで今日のレッスン、ラフマに関してはまずまずの成果。
それと、30分のレッスンに、3曲も4曲も持ち込む方が間違っていたと痛感しました。

前回のハノン+ベートーヴェン、今回のハノン+ラフマ。
このパターンの方が密度が濃いです。

それから、
・平均律右手封じ込み作戦
・初夏向け新曲
譜読み開始。

それから、
明日(あ、日付はもう今日だ)の晩、待ちに待ったブラインド・デートです。首尾はどうなりますか・・・ちょっとどきどきします。

PageTop

レッスン記(1月19日)

今年2回目のレッスン(2週間ぶり)

・ハノン56番、分散オクターブによる音階の後半、最後まで

これ、最後まで弾くと、上腕がどよ~んとものすごい疲労感。まったく脱力できてない証拠です。
いつものように「じゃ片手ずつ」と言われ、よっしゃ体力勝負だ(なんか違うような)と弾き始めたら、先生思い直して、「リズムパターンも変えてみましょう」だって。結果はというと・・・全然弾けなかった。リズムパターン攻め、奥深し。ノーマルパターンはできているからとの理由で、OKいただきました。

・ベートーベン ピアノソナタ 9番 Op.14 No.1 第三楽章(4回目)

この2週間ずっと、アコピ弾いていないので、こういう速いパッセージが含まれる曲はどうしてもうまくいきません。とんでもないところで暗譜落ちするし。(ここのところ、頭の中は既にラフマでいっぱい。ベートーヴェン様のこの曲は練習と言っても2回程度通しただけでおしまい&部分練習もせずの状態が続いておりました。正直な話。)オフ会なんてずいぶん出てないけど、人前でそれなりの完成度をあげるためには、きっとこのレベルからさらに1ヶ月以上弾きこまないとだめなんだろうな・・・なぁんて、ぼおっとしてたら、レッスンがいつの間にか沈黙タイムに。最近は、沈黙タイムがもったいないので、そうなりそうだったら、勝手にどんどん弾いちゃうように心がけていたのですが、迂闊だった。で気を取り直し、勝手に2回目の通し、3回目の通しと弾きまくってるうちに段々とエンジンがかかって、いい感じで仕上がりました。完成度はやっぱり低いのですが、それでもこの曲を始めたときに設定したゴールはある程度達成できたような。

たとえば

1.左手の速いパッセージを粒をそろえて、やかましくなく弾くような気配が見えるところまで
2.左手の親指をくぐらせるところが、ぎくしゃくしないような感じが分かり始めるところまで
3.全体的に速いテンポでスピーディにするためには、こんな感じでやればいいんだなと感覚がつかめるところまで

以上取り消し線部分が本音。

という本音レベルの心構えが極めて低い生徒には、過分なほど大きい花丸。(今日はなぜか紫色の色鉛筆で。)ここまでで残り3分。

・ラフマニノフ プレリュード Op.23-4 (ちら見せ)

最後の3分は、強引に次の課題を「また変な曲、選んですみません」と前置きして、楽譜を取り出した。
→先生、無表情。
4割くらいのところまで、たどたどしく弾いてみた。
→先生、無表情。

先生の無表情が、やたら気になり、この曲、どこが大変そうかについてどう考えたかを話しかけてみる。さすがに、なるほど、と思うようなコメントをいただいたので、嬉しかったのですが、なぜ無表情モードとなったのか?

(仮説1)3分前の段階で、本日は終わりと思ったら、この生徒勝手に、次に曲をやりだしたので憮然とした。(これは、たぶん「ない」です。5~10分オーバーすることはよくあっても、時間前に終わるってことはないですから。次の生徒さんにはにらまれますが・・・)
(仮説2)この曲はこの生徒には無理だという確信があり、これをどう伝えるか、あるいは伝えまいか逡巡した。(これ、「あり」かも)
(仮説3)この生徒が、こんな曲選んでくるの初めてなので単純にびっくりした。(これまでも同じようなサプライズ曲を「アポなし」で出してるから、これはたぶん「なし」。)
(仮説4)レスナーとしての頭の中が前の曲で古典派モードになっていたので、突然の路線変更でとまどった。(これは「あり」。そうですよね。いくらなんでも、何の予告もなしに、全く路線の違う楽譜取り出して、次これやりますなんて一方的に言い出して、いきなり弾き出すんだから)
(仮説5)先生、この曲に対して何か思い入れが?(だとしたら聞き出しちゃおう。OKもらうまでに。たとえば前の先生の時のバルトーク事件のように。)

最近2、3ヶ月は、ずぅっと一週おきパターンが多いこのレッスン(ぐれちゃうぞ)。年末年始もはさんで、レッスン持ち込まずに勝手にコソ練してアップしたのが2曲(樅の木&家康)。そんなこんなで今、在庫が極端に払底。当面はこのラフマ一本になりそうです。

PageTop

模様替え

どうでもよい話ですが、本宅サイトの模様替えを行いました。

というか、突然文字化けを起こして、htmlファイルが壊れてしまい、あわてて最低限の復旧をしたのですが、あれこれいじっているうちに、結果的に模様替えになったというわけです。

プロバイダにはきちんとお金を払っているので、苦情を申し立てていますが、今のところ音沙汰なし。いまだに動作が不安定で、この際プロバイダ変えようかな・・・

PageTop

レッスン記(1月5日)&演奏アップ

今年初めのレッスン(なんと1ヶ月ぶりです)

・ハノン56番、分散オクターブによる音階の前半、C DurからAs Durまで>OK
・ベートーベン ピアノソナタ 9番 Op.14 No.1 第三楽章(3回目)
このベトソナ第三楽章、10月から3か月以上もかかってるのに、レッスンではたった3回しかやっていないことに今更気づいた。もう平均律も弾く気がせず、ベトソナもほとんど気力なし。とは言え、演奏アップを終えた平均律はともかく、ベートーヴェンは最後の気力をふりしぼって何とかばんばった。OKはもらえなかったけど、ハノン5分間の後、25分間みっちりレッスンしてもらった。

この曲、軽やかにスピーディーに弾かなくてはいけないし、左手が大変だし、速い中で、ものすごいクロスリズムが隠れてるし、とにかく苦手なタイプ。しかしそんなタイプの曲だからこそ、何とか征服してやろうと思う気持ちもちょっとだけは残ってるぞ。しかも聴き映えがするような曲ではない(玄人うけする?)ので、なおさら。興味をもって聴かなければ、積極的な訴求力がある曲というわけではないので、それだからこそ、聴くべき人が聴けば、ほほう、こんな曲も弾くのかと思わせるような演奏にできたらいいなと夢だけは棄てずに・・・

ということで、昨晩は平日ながらも、気力の残っているうちにと、演奏アップしました。

こちら

まだまだ音抜け、トチリが気になるところですが、自分としては課題のスピードはある程度のところまで達成できたし、振り返ってみれば第一楽章・第二楽章・第三楽章、それぞれ相応の完成度になったのではと・・・思いたいです。僕の左手がんばった。涙ぐましい限り。(笑)しかし、当初は何とも思わなかったこのベトソナ九番、弾いてみると、魅力満載、(こんな演奏じゃ、聴いてもらっても大した曲には聞こえませんが・・・)こんなに奥深いのかと改めてベートーヴェンの凄さに圧倒されました。こういうことを体感しただけでも貴重な体験。(次ベトソナやるときは、順番的には・・・何と初期の傑作「悲愴」だぁ)

次回レッスンは、来週が休み(またか!)で再来週。
次回NGでも、次々回以降は、この曲もうレッスンには持ってかないっ!
平均律もベトソナも一旦、強制終了。

ソナタアルバム第一巻は、ベトソナもう一曲(Op.14 No.2)が残っていますが、もーやだ(笑)、一応完了ということにしちゃいます。

しばらくは、気の向くまま前から気に入っていた曲をつまみ食いします。
ただ、あれもこれもやりたくて、どれから手をつけていいのかわからない。

・ラフマニノフのプレリュードから
・モーツァルトのファンタジアK.475
・バッハのパルティータから
・ドビュッシーの版画から
・その他もろもろ(フランス、スペイン系)

また系統だった取り組みをしたくなったら、(おそらく半年後くらい?)そのときは

・ソナタアルバム第二巻のモーツァルト
・平均律復活

その他は、
・連弾もの
・オケのピアノ編曲もの
あたりも手がけたいです。

PageTop

家康 アップしました

皆様

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

家康・・・演奏アップしました。
こちらです。

なぜか、サイトのインデクスページが突然文字化けをおこして壊れてしまいました。
あわてて最低限のとこだけ復旧させましたが、大変でした。何となく幸先がわるいような・・・

いやいや、気のせいでしょう。

PageTop
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。