BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

怪奇現象

Weekdayはまったくピアノ弾けず状態のため、通勤電車の中で、指パタパタ運動やってます。ハノンを左手中心で。

左手の4と3でトリル。ドレドレドレドレドー。で終わるはずが、あれ、レで終わってる。確かに最後に押さえているのは3の指。

ん?なぜだ?もいっかいやってみる。ドレドレドレ・・・ドレー。

えーっ!

ピアノ弾きながらの練習時は、耳からの音と、指の感触双方のフィードバックがあるから、さすがにこんなことはなかったはずですが、電車の中で宙ぶらりんの指先運動だとなぜか4で終われない。

しかも、恐怖(大げさ)なのは、

ドレドレドレドレ~ と指がまわらなくて8つで終わっているのか、
ドレドレドレドレドレーと、勢いあまって10弾いてしまったのかが、自分で知覚出来ない。

まるで量子力学の世界。

ゆっくり動かす。
ドーレードーレードーレードーレードー・・・はい、OK。

で、速く動かすと、やっぱりだめ。

この、出来るときと出来ないときの境目が、わからない。

まるでフラクタルの世界。

まったく釈然としないまま、駅に着き、電車を降り、歩きながらやってみる。
やはり謎はとけず。

自分の指、おかしいのとちゃうのか?他の人にはない重大な欠陥があるのではないか?そんなところで部分的なドッペルゲンガーが出来ても全然嬉しくないぞ。
そんなことを思い、どきどきする。(笑)

しかし傍から見たら不気味でしょうね。
電車の中で指パタパタ動かしているかと思えば、とつぜん指先をしげしげと眺め、首をかしげたり、しかめっ面したり・・・

スポンサーサイト

PageTop

日本の原風景

ここのところ連日の深夜(もしくは早朝)タクシー帰宅のため、ピアノ練習できず&ピアノねたも「なし」。
せめて帰りのタクシーだけは心地よく乗りたいと、だいたい個人タクシーを選ぶのですが、そうは言っても早く帰りたいし、ときどき、しくじって法人タクシーに乗ってしまうことも。

この前も、法人タクシーになってしまって、仏頂面で乗っていたら、気配を察したのか(まさか)運転手のおじさんが語り始めた。

「お客さん、ウチは法人で、しかも零細企業ですが(ド、ドキ!)、実はガソリン車も保有してるんですよ。珍しいでしょ。どうしてかわかりますか?」

「あ、い、いえ・・・」

「毎年ね。お盆の時に、ウチのタクシーでね東京から気仙沼まで往復してくれるお客さんがいるんですよ。」

「け、け、けせんぬま?」

「ええ、かなり高齢の老夫婦なのですが、この時だけは、お金に糸目はつけずってんで、毎年一回、お墓参りに田舎に帰るんだって。で、毎年ウチに頼んでくれるもんだから、社長がね、「そんなら」って、乗り心地のよいガソリン車を2台買ってね。で、ほら大渋滞でしょ?お年寄りの体に障っちゃいけないってんで、座布団やら毛布やらも買い込んで、運転手も二人ついて交代で行くんですよ。それこそ60km渋滞!なんてののど真ん中に。結構気が若いおばあちゃんで、車乗るのが好きみたいでそれが救いでね。で運転手二人分の食事から何から全部出してくれるの。でね、向こうにつくとお墓参りして、知り合いとちょっとお話しして、そのままトンボ帰り、また大渋滞の中を。これが楽しみなんだって。」

だ、だめだ!
もう話しかけないでくれ。お願いだから。
こういう話弱いんだよ、本当に。

疲労のピーク時にこんな話聞かされて、後部座席で寝たふりして号泣。
後で冷静に考えると号泣するほどの話じゃなし・・・

まぁ、あれこれ件の老夫婦の「こうあってほしい」というキャラを自分なりに作り上げてしまうんですね。日ごろはつましい生活をしているに違いないとか何とか・・・自宅の間取りはこんな感じで、玄関先の町並みは、あんな感じ、ここにキキィっとタクシーがやや大げさなブレーキの音を立てて到着。「おじいさん、おじいさん、来ましたよ」「はいな」・・・久しぶりに車に乗ってウキウキしてるおばあちゃんとか、それを見守ってニコニコしてるおじいちゃんとか、で3分後にコックリ、コックリ居眠り・・・なんて。一瞬のうちに自分の中で、ロードムービーを作ってしまってそれに酔ってしまうというわけですな。

う~ん。やっぱり話題が枯れ気味・・・

PageTop

街角で見た広告に寄せて(どつきバージョン)

街角で見た広告シリーズ第二弾

朝○新聞の広告で、子供向け朝○小学生新聞、中学生新聞の広告。

コピーは「早いほうがいいにきまってる

ふむふむ、確かに小さい頃から活字に親しむ、時事などに通じる、よいことですねぇ。

で、でかでかと掲載されている写真がよくないっ!!!!

小学校低学年の女の子が、ピアノ練習中
しかもカメラ目線でこちらを向いて「にこっ」

ここで「大きなお世話」と笑えずに、迸る激情・・・

「こるぁ!始める時期が遅かったことを後悔しまっくている人間がここにいることを知っての狼藉かっ!人の心の痛みを知らずして、報道機関と言えるのか?『きまってる』ってその断定口調なんとかならんのか?(この辺から涙声・・・爆)なにが『それでも言葉の力を信じる』じゃぁ無礼者めぃ!」

などと怒り爆発(笑)。

広告が貼られている壁を蹴りださんばかりの剣幕で、しばらく鼻息収まらず。

なんだったら、作ってみようか?朝○おやじ新聞。

僕がピアノ弾いてて、コピーは「今からでも遅くはない」なぁんて。

はぁ、すごい虚しいぞ。過剰反応しただけ損した気分。

でもおやじ新聞、半分くらいが趣味のページで、残りが心の健康のページ、広告欄と言えば、習い事始めませんか系か健康法云々の書籍ばっかし・・・うぁぁ暗くなってきた。誰がこんなん読むんだろうか?だから、やめなさいってのその虚しい妄想(殴)。

さっさと気分転換して、いざウィーン世紀末の世界へ・・・

PageTop

街角で見た広告に寄せて

街角でふと見た広告。

ルノアール展のコピー「東京でフランスに恋する」云々。

そうです。臆面もなく言ってしまえば、僕は確かにフランスに恋をしているのは間違いない。

ドビュッシーにラヴェル・・・もう夢中です。

ドビュッシーは、去年10ヶ月くらいかけて6曲取組みました。
最初は「夢」
次に子供の領分から「グラ博士」「雪」「ゴリ」
最後にベルガマスクから「プレリュード」と「月の光」

夢・・・わかりやすい作品で最初にこれを手がけたのは正解。

グラ博士・・・これはたぶん一番完成度低し。将来弾きたい「雨の庭」の前哨戦としては恐ろしく旗色悪い。
雪・・・大好きです。ドビュッシーの中で、あまりにも描写的な曲は好きになれないのですが、これは描写的なようでありながら、決してそうではありません。病気で外に出られず窓の外の雪景色をぼんやりながめている子供の「心象風景」です。小さい頃いじめられっこで、病気がち、学校を休んでいた自分としては、本当にいたわるような気持ちで弾きました。最後のふわっと消え去るエンディングどれだけ苦労したことか。こういう曲「今日は雪ですねぇ」なんて言ってさらっと弾きたいのですが、もう忘却の彼方。
ゴリ・・・これも大好き。クラシックのひとつの究極であるワーグナーの有名なパッセージも含みながら、完全にクラシックの域を逸脱したファンキーなリズム。

プレ・・・これも大好き。(こればっか)ちょっと古風な和声が魅力。雪同様あっという間に忘れ去りました。
月の光・・・これは大好きというほどではありませんが、はずせない一曲。自分なりにひんやりイメージに仕上げようと臨んだのですが、できあがってみれば「情熱的な」演奏だと評され、確かに自分でもそう思う。先生からは横の流れが素晴らしいと、珍しくほめられました。(照)7曲中一番完成度は高かったかもしれません。

そしてラヴェル。「手垢つき度」が少ない分、ドビュッシーより気に入っています。譜面作りの緻密なこと、驚くばかり。結局取組んだのは「パヴァーヌ」一曲だけですが、今のレベルではこれが精一杯。この曲かなり力を入れましたが、これも、今となっては壊れかけ(笑)。

しばらくフランスものからは離れますが、また挑戦します。

PageTop

今週はレッスンなし!

今週はレッスンがありませんでしたが、簡単に取組状況もとい停滞状況をまとめてみました。

それにしても、このBLOGもうちょっと地味で簡潔なテンプレートないのかな?どれ選んでも恥ずかしくて。

アストゥリアスを無理やり終わらせ、現在はマーラーの編曲もの(アダージェット)に取り組み中。2週間めにして何とか2ページまで弾けるように。ここまで1/3なので一応ペースどおり。(残り4ページを4週間で終わらせ次はベートーヴェン!)しかしどうやってもマーラーの音が出ません。土曜日はちょっと気晴らしにスタンを弾いてきたのですが、あれこれ工夫してもこれだっ!という「ウィーン世紀末」の音が出ず。第一音の全音符、それを追いかける二分音符、さらにアルペジオ(原曲はまさにハープ)・・・イメージはあるのですが、どうもしっくりくる音が出せず仕舞い。

お次は、フランス組曲3番のジーグ。ちょっとスランプ気味です。必ずコケます。ジーグらしい「派手な装飾音を伴うテンポの崩し」っていうアイディアにとりつかれ、これをトライしたいのですが、全然駄目。かっこつけすぎか?予定より2週間も遅れてる!

後は筋トレ風ハノン。弾けない。弾けない。弾けない。弾けない。弾けない。弾けない。(こんな感じで頭がおかしくなる作家の映画がありましたね。キューブリック監督で-笑-)これは頭を使うというより指に覚えこませる訓練。あまり悩まず、弾き込むべし。

ま、こんな感じです。

それから念願の連弾の音源を入手。聴いてみたら僕のパートが本当汚い。共演者には大変申し訳なく・・・。恥を忍んで演奏アップ予定ですが、ちょっと時間をください。

PageTop

BLOG「プランタンのクラシックピアノ挑戦」こちらに引っ越しました。

皆様

お友達の情報などを参考に、BLOGをこちらに引っ越しました。
今後ともよろしくお願いします。

PageTop
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。