BLOG「プランタンのクラシック・ピアノ挑戦」

大人になって再開したピアノ、こんなに「はまる」とは・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コンサートレポート

「逃げ出したい」なんて、不埒というよりむしろ卑怯な願いを、八百万の中で、いったいぜんたいどんな天邪鬼な神様が叶えてくれたのか???

本日例のコンサートに行ってまいりました。
会場で渡されたプログラムをペラペラめくってみると、ひらひらと一枚の紙がはさまっていて、曰く「本日の公演に出演を予定しておりましたレオニダス・カヴァコス氏は、健康上の理由により来日が不可能になりました。」

気が抜けると同時に、やっぱり残念だっ!と思う。
そういうところが天邪鬼の神様に好かれたんじゃないかとも思う(笑)。

で、本日急きょ白羽の矢が立った肝心の代役は、竹澤恭子さん。

いやいや、どうしてどうしてよかったですよ。
かなり力強く、線の太い音を出すヴァイオリニストです。
僕は大昔、オイストラフが気に入っていたので、こういうの好き!
周りはアイザックスターンが好いって奴ら多くってオイストラフは少数派でした。

「カヴァコスは音が弱いらしいんだけど、そこが良いって父が言ってるんです」と師匠が言っていたので、たぶん対照的なタイプなんじゃないでしょうか?

これだけ情熱的なシベリウスのVコンは初めて聴きました。
というよりシベリウスに限らず、生でVコン聴くの初めてなんですが。(恥)
ブロムシュテットも終わってすぐガッツポーズ!(あの実直そのもののおじいさんがそんなことしていいの?)

もう一曲がドヴォルザークの新世界。
貴重なチケットをいただきながら、こう書くのも憚れますが、正直に打ち明けてしまえば、あえて聴きに行こうという気がおきる類の曲ではありません。

が、しかし演奏が始まって、僕は泣きました。
もう号泣です。全楽章ず~っと。

小学校の頃、高嶺の花だったLPレコードに初めて1000円シリーズというのが出て、おねだりして買ってもらった数枚。その中の一番のお気に入りがこの曲でした。もう何十年も忘れていたのに、第一楽章の調べを耳にしたとたん、全ての情景・体験・感情が蘇ります。そう、あれはバルビローリのハレ管。解説は大木正興氏。夢中になって何度も何度も聴いて、音楽の時間にレポートまで書いたっけ。

そうは言ってもたかが子供の鑑賞。今それなりに(って大したことないんですが)学んだ後、聴いてみると様々な発見があります。やっぱりこの曲はアメリカの黒人霊歌を素材にしたというよりは、どう考えてもチェコの曲です。今取組んでいるバルトークにもつながる和声の展開、なるほど、そういうことかと大いに参考にさせていただきました。東欧万歳!(意味不明)

と冷静な頭の部分が活動すると同時に、情緒を司る部分も活発化し、もうだめです。
何が起こったのかを大ざっぱに言うと、ユーミンの「ちいさい頃は、神様がいて・・・」って曲があるでしょ?
あれの類の感傷が猛烈に心を襲ったってことなんだと思います。

地味なイメージのブロムシュテットが、まるで少年のような夢中さでノリノリの指揮を見せたことも大きく影響しているんでしょう。第三楽章の民族色豊かな柔らかい音を、さっと切り替えて第四楽章のキリッとした出だしを作り上げるあたり、さすがです。ブロムシュテットは絶対新世界が大好きに違いないっと確信させる名演でした。聴衆の反応がそれを物語っています。というよりオケメンバーも何かを強く感じとったに違いないと思わせる面白い一幕が。演奏後、拍手で指揮者がステージに呼び戻されるじゃないですか?でその都度ブロムシュテットがオケメンバーを立たせるわけですが、ある時オケの人たちがその指示に従わず、一瞬ぎょっとするブロムシュテット。気がつけばメンバーみんながブロムシュテットに拍手を送るという珍事。

目の前で起きていることに、小さい頃の記憶も重ね合わさり、あんなに好きなことに一生懸命集中できて、そうとも知らずにそれを支えてくれる大事な人たちがいるってことを改めて感慨深く思う迂闊なおっさんでした。

それから直近の記事にいくつか拍手コメントをいただきまして、ありがとうございます。
この場を借りてお礼申し上げます。

スポンサーサイト

PageTop

Ah! Ludvig?

遂に来たか?っと焦った事件についての顛末。

さる土曜日の晩、風呂上がりに鼻唄まじりで、綿棒で耳の中を拭いていたら、突然右耳が聞こえなくなった!綿棒を耳かきに代え、恐る恐るホジホジしてみたが改善の兆しなし。元々耳かきの習慣は全くないので、これ以上下手にいじくるのはよくないと覚悟を決め、月曜日まで待って耳鼻科に行くことにした。一晩寝たら治ってるかもしれないし。って日曜の朝、起きても症状変わらず。

突発性難聴という言葉が頭に浮かぶ。ピアノを初めとした音楽全般を趣味とする身にはかなり辛い状況ではなかろうか?

かつて仕事のストレスから鬱病になったり、パワハラを受けて難聴になったりした仲間たちの顔が脳裏をよぎる。

いよいよ自分にも来たか?って何かつらいことあったっけ?

確かに楽な職場では決してないけれど、何か思い当たる節は?
いやいや、無意識のうちに何かが蝕まれてということもあるかも、などと悶々と残る週末を過ごすうちに、耳の中で栓がつまった感じがなくなってきた。

こういうのって、ありがちなんだよなぁ。
本当は悪いのに医者にいくタイミングで症状が出なくて、何ともないですね、しばらく様子をみましょうなんて言われちゃうパターン。
とか、もうどーでもいい余計なことまで心配し始めるこの気弱さ。

でようやく月曜日に通院。先生の診断は?

ははぁ、綿棒で押し込んじゃったんだと思うけど、耳垢が奥に入って栓をしちゃってますねぇ。だって。

ものの数秒で、ゴソゴソ、ガリガリ、スポッ!
じゃついでに左も掃除しておきますか?はい!
で同じくゴソゴソ、ガリガリのスポッで終了。

ほら、もうよく聞こえるでしょう!

ほんとだ。ありがとうございました!

それまでと言えばそれまでだが、なんともはや微妙な顛末で、、、

PageTop

青春を返せっ!!

ちょっと前に、本宅サイトのhtmlファイルが文字化けして壊れた。
プロバイダに苦情メールを出したが、なしのつぶて。

ぶつぶつ文句を言いながら、作り直したサイト・・・

今度は何もいじってないのに、突然いくつかのファイルが消えていた。

6年目の計画
4年目の計画
3年目の計画
2年目の計画
1年目の計画

なぜか5年目の計画だけは無事。

もう頭来た。

プロバイダ代える!
二度と使わない。
無料ならともかく、有料サービス業者ですよ、これ・・・

さ、サイト引っ越しをせねば・・・

PageTop

模様替え

どうでもよい話ですが、本宅サイトの模様替えを行いました。

というか、突然文字化けを起こして、htmlファイルが壊れてしまい、あわてて最低限の復旧をしたのですが、あれこれいじっているうちに、結果的に模様替えになったというわけです。

プロバイダにはきちんとお金を払っているので、苦情を申し立てていますが、今のところ音沙汰なし。いまだに動作が不安定で、この際プロバイダ変えようかな・・・

PageTop

今年のおばか三題

はぁ、今年もあっという間に終わる。
今年のビジネスも、相変わらずの珍道中、どたばたコメディであった。
何とまぁ楽しき(哀しき)わがチーム!

今日は、爆笑もの三題を紹介。(泣いて笑ってやってください)
ただし、面が割れるといけないので、事実を若干デフォルメしてます。

1.法律論争
法律上の考察が必要な仕事があった。特定の犯罪類型についての発生パターンを整理する中で、ある役回りを演じるグループをとりあえず「善意の第三者」と名付けたのだが、若干ニュアンスが異なるので、チームメンバーに他に適当な法律用語がないかどうかを問うた。

ベストアンサーは?

「善意というのは、法律上は単に『いい人』という意味ではないので、これでいいと思います。」

念のための補足→そんなのは分かってるんだって!「えっそうだったんだ!よく調べてくれたね。ありがとう」って言ったら嫌味になるか・・・

2.おたくのレベル
マドリッドのトレド美術館のおみやげ、大好きなダリの絵が描いてあるマジックキューブを机の上においてときどき眺めています。

と、ある部下が、僕の背後に忍び寄り、

「おっ!かっこいいっすね。スターウォーズですか?」

・・・・・・・・・・う、う~ん。僕スターウォーズ嫌い。ガンダムでもない。世代的にはむしろ初期のマジンガーZ。だが、そういう問題ではなく、なぜこの絵がスターウォーズに見えるのかが未だに謎。

3.ITリテラシー(一日のドキュメント調で)

7:30 ある部下が作成したパワポ資料をレビューした。相変わらずの「素晴らしい」出来だったので、即、却下しダメだしのメールを返した。ただ単にダメだしをするのも可哀想と思い、どういう観点でまとめたらよいのかを、丁寧に箇条書きにしてパワポの画面の外にコメントを貼り付けてあげた。

9:00 部下が出社

10:30 修正版のパワポが出てきた。この修正版は、僕のコメントを全く反映してないので、僕のコメントを見たのか?って訊いたら、何のことかとポカンとされた。そこで僕の席に来てもらって、PC画面に僕が作成したパワポのコメントを開いて見せて、一つ一つ説明してあげた。

17:30 当の部下が申し訳なさそうに来て、曰く。
「あの、さっき画面で見せてもらったコメントって、どうやったら僕のPCでみれるんですか?」

これはITリテラシーの問題ではない。基本動作の問題である。その証拠に10:30時点で僕が説明してあげたとき、「なるほど、よくわかりましたぁ」っていってたぞ。確かに。

PageTop
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。